はじめに・・・


転職・就職活動をする際必ず必要となるんのが「書類選考」です。
こちらで必要な応募書類には大まかに「履歴書」「職務経歴書」があります。
IT業界では職務経歴の代わりに「業務経歴書」を使用します。
新卒の際はアルバイトは含まず職業経験が無い為「履歴書」のみを提出となりますが、
転職の場合は加えて「業務経歴書」(職務経歴書)が必要となります。

また履歴書は知っていても、中には「業務経歴書」(職務経歴書)を知らないという方もいます。
当社のように人材派遣・人材紹介会社への登録であれば、中立の立場にあるコーディネーターといった
専門家が細かくヒアリングし、きっちりとした形に直してくれますが、
中途採用(アルバイト、パート、契約社員、正社員)の場合は直接雇用となるため、
送った書類はそのまま採用担当者へ届き、専門家の目を通らずに書類選考が始まってしまいます。

採用担当者は日々多くの応募者の対応をするため、事前に会うべき人だけを絞っています。
ここを通らなければ当然次の面接に進むことができません。
経験不足といった理由だけでなく、書類(履歴書、業務経歴書)の書き方よって落とされる人が少なくありません。
技術(スキル)があってもそれを書類で上手く表す事ができない、伝わる事ができないという理由で面接までいけない事は非常にもったいないことです。

ここではそのような人向けに必要な書類や書き方、また手順を細かくアドバイスさせていただきます。
皆様の限りある時間を有効に使う為に、スムーズに面接に向かえるよう、このサイトが少しでもお役に立てれば幸いです。

ページの先頭へ